日経ビジネスプラチナ会員専用動画閲覧サービス利用規約

この「日経ビジネスプラチナ会員専用動画閲覧サービス利用規約」(以下、「本規約」といいます)は、株式会社日経BP(以下、「当社」といいます)が日経ビジネスプラチナ会員サービスのプログラムとして提供する「日経ビジネスプラチナ会員専用動画閲覧サービス」(以下、「本プログラム」といいます)の利用に関して規定しています。本サービスの内容についてはサービス概要をご確認ください

第1条 用語の定義

本規約における用語の定義は、「日経ビジネスプラチナ会員サービスのご契約について」第1条の通りとします。

第2条 利用規約の適用

本規約は、本プログラムの利用に関して、当社と会員に適用されます。

第3条 本規約の変更

  1. 1. 当社は、会員への事前の提示をもって、本規約を随時変更することができ、会員はこれを承諾します。
  2. 2. 前項の変更については当社のホームページ上などの方法にて、会員に提示します。
  3. 3. 会員は自己の責任で最新の本規約の内容変更を前項に定める方法にて確認するものとします。本規約で別途規定されていない限り、最新の本規約が本プログラムに関する会員と当社の取引に適用されます。

第4条 日経ID

本プログラムの利用には、「日経ID」の取得が必要です。

第5条 ID・パスワード等の管理

会員は、本プログラムの利用に際して登録または取得したID、パスワードその他の情報を管理する一切の責任を負うものとします。

第6条 プログラム内容

本プログラムは、当社が発行する雑誌「日経ビジネス」の編集部が作成または選択した動画を、月に一度の更新頻度で提供します。更新時期は、会員サービスのホームページ等に別途掲載します。

第7条 利用料金

本プログラムの利用料金は、「日経ビジネスプラチナ」の会員サービス料金に含まれます。本プログラムの利用がない場合でも、利用料金の返金はいたしません。

第8条 当社からの契約解除

当社は、会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、会員への事前の通知もしくは催告を要することなく本プログラムの利用を停止することができます。

  1. (1)会員が、日経IDから退会した場合
  2. (2)一定期間以上、本プログラムの利用がないと判断した場合
  3. (3)その他合理的な事由により会員として不適切と当社が判断した場合

第9条 会員の事情による解約

会員が、当社が指定する方法により「日経ビジネスプラチナ」会員サービスの解約手続きを行うことで、本プログラムが解約となります。本プログラムのみを解約することはできません。

第10条 一時的な中断

当社は、次に該当する場合には、会員に事前に連絡することなく、本プログラムの全部または一部を中断することがあります。

  1. (1)日経IDまたは本プログラムを構成するシステムの保守を定期的に、または緊急に行う場合
  2. (2)電気通信事業者、データセンターなどの障害が起きた場合
  3. (3)火災、停電、天災、第三者からの妨害行為などにより日経IDまたは本プログラムの提供を困難と判断した場合
  4. (4)その他やむを得ずシステムの停止が必要と判断した場合

第11条 内容変更・休止

  1. 1. 当社は、会員への事前の告知(雑誌誌面または当社のホームページ等)をもって、本プログラムの全部または一部を変更、追加または廃止することがあり、会員はこれを承諾します。
  2. 2. 当社は本プログラムの内容の変更・中断・休止により発生した会員および第三者の損害すべてに対し、いかなる責任を負わず、一切の損害賠償に応じません。

第12条 免責

  1. 1. 本プログラムのコンテンツには閲覧可能期間があります。閲覧可能期間は、会員サービスのホームページ等に別途掲載します。
  2. 2. 閲覧可能期間は、当社のサーバー、プラットフォーム等のシステム変更またはバージョンアップによって変更される場合があります。

以上

(2014年8月21日制定)